阿倍野区、文の里商店街「阪和薬局」。信頼・安心のかかりつけ薬局として、処方せんに基づいた調剤をすみやかに・正確に行います。
大阪市阿倍野区昭和町1丁目17-29(文の里商店街)
開局時間/9:00~19:00 [月~金曜日]
9:00~13:00 [土曜日]
かかりつけ薬局のメリットは
どこの薬局を利用するか自由に選ぶことができますが、いつも利用する薬局
「かかりつけ薬局」を持つことで、薬をより安全に利用できます。
かかりつけ薬局をつくることにより、これまで進めてきた医薬分業のメリットを
皆さんが得ることができます。
1、あなたの「薬歴(薬の服用記録)」を作ります。
2、薬の重複投与や相互作用による副作用などの健康被害の未然防止が図られます。
重複投与とは?
複数の医療機関にかかっている場合に、作用の同じ薬をそれぞれの医療機関から
処方されるようなことを指します。
かかりつけ薬局では、薬歴の管理により、同じ薬を何種類も飲んでいないかチェックします。
相互作用とは?
医薬品と医薬品の飲み合わせによって、お互いの効き目が強まったり弱まったりしてしまうことを言います。
医薬品の中には、特定の医薬品と一緒に使わないように、特に注意をしなければいけないものがあります。
3、病院・診療所の医師(歯科医師)の発行する処方内容を知ることができます。
薬についてわかりやすく説明します。
4、薬の飲み方、使い方、副作用についてなど、服薬指導をいつでも受けられます。
5、健康に関する情報の提供が受けられます。
一般薬との飲み合わせや健康食品についてなど皆さんの疑問にお答えします。

おくすり手帳のつかいかた
おくすり手帳はあなたに処方されたおくすりの名前や飲む量、回数などの記録(薬歴)を残すための手帳です。
この記録がありますと、医師・歯科医師や薬剤師が、どのようなおくすりをどのくらいの期間使っているのかが判断できます。
また、他の病院や医院などでおくすりをもらうときにも、医師・歯科医師や薬剤師におくすり手帳をみせることで、
同じおくすりが重なっていないか、また飲み合わせ等についての確認も行ってもらえます。
おくすり手帳の使い方
病院や医院、歯科医院、薬局に行ったときには、
毎回、必ず医師・歯科医師や薬剤師に提出してください。
薬局で市販のおくすりを買った場合にも、記録してください。
病院や薬局でおくすりの名前等を書いた説明書を渡された場合は、
そのまま貼ってください。
おくすりについて、わからないこと、困ったこと等があるときには、
記録しておきましょう。
あなたからもらったおくすりの記録(薬歴)になりますので、
大切に保管してください。
おくすり手帳は無料です。
お薬手帳をあらたにご希望の方はお気軽にお申し出ください。
おくすり手帳

処方せんのFAX受付
FAXでも処方せんを受け付けています。事前に医療機関から発行される処方せんをFAXでお送りいただくことで、
お薬をご用意しておくことができ、お客様に店頭でお待ちいただく時間を短くすることができます。
・処方せんの発行日から4日以内にご来店ください。処方せんの有効期限は発行日を含めて4日です。
・お薬をお渡しする時には、処方せん原本を必ずお持ちください。(ご家族の方でも可)
トップページかかりつけ薬局お薬Q & A お問い合わせ店舗紹介個人情報の取組み
Copyright (C) 2014 Hidaka Pharmacy. All Rights Reserved.
Maintenance by E-netservice